水商売はお金を借りられるの?

 

夜職や水商売でもカードローンやキャッシングでお金を借りる方法はありますが、このような仕事に就いている人が一番問題となるのは毎月の収入の安定性です。

 

おそらく、夜職や水商売の人は、月給だけを見れば一般の会社員や公務員などよりもはるかに高い稼ぎを得ていることも多いでしょう。ですが、カードローンやキャッシングの審査において重視されるのはある一時点での稼ぎの多さよりもむしろ安定性、つまり今月と同じくらいの収入が来月も、再来月も、またそれ以降も期待できるかどうかにあるのです。

 

水商売という言葉が稼ぎの多いときもあれば少ないときもあることの代名詞のように用いられるとおり、このような仕事に就いている人は毎月の稼ぎが安定しないことが多くなります。これはカードローンやキャッシングでお金を貸す方から見ると不安材料でしかありません。今は稼ぎが良いかもしれないが、数か月後はどうだろう、1年後はどうだろうと思われてしまっては貸せるものも貸せなくなります。

 

そこで一つ考えられることとしては、稼ぎがある程度安定していることを示すことです。もちろん将来のことは誰にも分からないと言ってしまえばそのとおりで、それは絶対に倒産することのない公務員を別にすれば、一流企業の会社員であっても1年後に確実にどれだけの収入があるかを示すようなことは無理というものでしょう。

 

そのようなことを求めているのではなく、過去の状況を示すことで、将来的にもおそらく安定した収入が期待できると思わせることができます。

 

最も単純かつ適切なのが、勤続年数を示すことです。夜職や水商売の仕事をしてまだ1か月か2か月程度だという人がいたとして、将来も今と同じだけの収入を期待せよというほうが難しいでしょう。慣れないことからすぐに辞めてしまうのではないかと思われて当然です。

 

そうではなくて、例えば数年以上も継続しているということであれば誰でもある程度は安心できるはずです。"

トップへ戻る