専業主婦はお金を借りられるの?

専業主婦の方は子供の教育費や、ママ友との交際費など予期せぬお金が必要になることも良くあります。コツコツへそくりをしてお金を貯めていれば、いざという時も安心ですが、蓄えがまったくないという人はお金を誰かに借りなければいけません。周りにお金を貸してくれる人がいない場合は、金融業者が扱うカードローンに申し込むといいでしょう。担保や保証人を必要としないので、誰にも迷惑をかけることなく借金ができます。

 

金融業者が扱うカードローンは沢山ありますが、それぞれに特徴があるのでよく確認して自分のニーズにあう所を探すことが大事です。消費者金融系カードローンは、主婦でもパートやアルバイトで収入があれば簡単な手続きで借入ができます。しかし収入がまったくない専業主婦の方は、総量規制対象の貸金業者では、申込んでも借入を断られることが多いです。

 

まれに総量規制対象の消費者金融でも、専業主婦の方にお金を貸してくれることもありますが、その時は配偶者の収入証明書や同意書の提出が必要になります。配偶者に内緒でお金を借りたい専業主婦の方にはむきません。

 

銀行系カードローンなら総量規制対象外なので。収入が全くない専業主婦の方でもお金を借りられることが多いです。配偶者の同意書や収入証明書は提出しなくても借入ができることが多いので、配偶者に内緒でお金を借りることもできます。ただし専業主婦の方は、借りられる額の上限が低いこともあるので気をつけてください。

 

専業主婦の方が銀行系カードローンに申込めば、誰でも融資が受けられるわけではなく審査に通る必要があります。過去にクレジットカードの支払延滞をしていたり、他社のキャッシングの借入が多い場合などは、個人信用情報機関で履歴を調べられ審査に落とされることもあります。他にも携帯電話や通販などの支払延滞があるだけでも、審査に落とされることもあるので、返済延滞をしたことがないか確認してから申込むようにしましょう。

トップへ戻る