公務員はお金を借りられるの?

公務員や会社員の人々も、急にまとまったお金が必要になるシーンはゼロではありません。毎月の給料でやりくりを行い、残ったお金は預金に回して将来に備えるなどは多いものです。しかし、この預金を定期にしている場合、急用で必要になった時には簡単に引き出せない、キャッシングを使いたいシーンも出て来るのではないでしょうか。

 

ちなみに、キャッシングとは何を意味するものなのか、ローンの種類なのかなど、疑問を持つ人も多いかと思われますが、キャッシングはお金を借りることで、消費者金融や銀行系カードローンなどを使うことを意味します。

 

所で、銀行系カードローンと銀行カードローン、どこに違いがあるのか、これも疑問に感じる人は多いと言えましょう。一般的に、銀行系カードローンと呼ぶものは消費者金融が用意しているカードローンで、銀行系に含まれる消費者金融は、銀行が中心となりグループ企業の中の一つが消費者金融になっている会社のことを意味します。大手銀行は、金融グループを形成している、グループの中に消費者金融事業を設けているなどの特徴があります。

 

銀行のカードローン審査の中には保証会社の審査が必ず行われるのが特徴です。保証会社の役割は信用保証業務であり、銀行カードローンが担保および保証人が不要になる代わりに、保証会社の保証を受けることが前提条件になるわけです。

 

一般的な消費者金融は独立した形で営業を行っていますが、銀行系カードローンの場合は、信用保証業務も代行しているケースが多いのが特徴です。会社員や公務員などの場合、安定した継続収入があるなどからも、銀行系カードローンはお勧めのキャッシング商品の一つです。

 

ネットでの申し込みも可能ですし、契約まで来店することなくネットで完結出来るメリットもありますし、土日祝日も審査可能なケースもあるなど、休みの時しか申し込みや契約が出来ない会社員や公務員にもお勧めの消費者金融もあります。

トップへ戻る