自営業はお金を借りられるの?

一般的な会社員ではなく個人事業主である場合、お金を借りるのはどうしたらいいのでしょうか。法人ではなくフリーランスや起業した個人事業主であっても、会社員と同じように急にお金が必要なときはあります。

 

むしろ事業資金としてある程度まとまったお金が必要なことも多いでしょうし、資金繰りなどで急に必要になるといったことは、むしろ多いかもしれません。自営業などはいったん資金繰りが滞ってしまいますと、その後の仕事に大きな影響も出やすいですし、最悪倒産という可能性もないわけではありませんので、お金をすぐに用意するということは非常に重要となってきます。

 

基本的には個人事業主の場合には、国の日本政策金融公庫や自治体の中小企業制度融資を利用することができます。比較的低金利ですが、難点としては融資までに時間がかかるということです。独立資金などや通常融資、設備投資などその項目によって金利もかわりますし、審査時間もかわりますので当然貸付までの時間もかわってきます。ですので、計画の上での申込みであればいいのですが、急な資金を必要とする場合には、対応が難しくなります。

 

同じように民間としては銀行や信用金庫などから借りることもできます。この場合も事業計画書の提出などが必要ですし、やはり同じように審査に時間がかかりますので、融資までにひと月以上待つこともざらになります。そのためこちらも急な融資には対応できにくいということになります。

 

では個人事業主が急な事情でお金を借りるにはどうしたらいいのでしょうか。それには民間のカードローンの利用が便利です。消費者金融のカードローンは総量規制の関係で借りられる上限が年収の3分の1と決まってきますが、個人事業主向けのビジネスローンでしたら総量規制にかかりませんので、まとまった金額を借りやすくなります。

 

何より安定した収入の提示が必要ですので、確定申告書や収入証明書をきちんと用意しておけば、迅速に融資してもらえますので、急にお金が必要になった場合でもすみやかに借りることができて便利です。

トップへ戻る