大学生はお金を借りられるの?

銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングでは、融資条件を18歳以上を対象としているため、大学生・短大生・専門学生ならお金を借りることができます。これは「学生ローン」や「学生キャッシング」と呼ばれる商品で、20歳以上を対象としている通常のカードローンやキャッシングと内容は同じですが、申込み商品は異なるので注意しましょう。

 

学生向けの金融商品でも本人がアルバイトなどで収入を得ていることが融資の条件です。ただ、通常の小口融資に比べると審査が甘いのが特徴です。もちろんどのくらいの稼ぎがあるのかは重要ですが、アルバイト収入があれば比較的簡単に審査に通過することはできるでしょう。

 

借入れ契約時には「身分証明書」と「学生証」が必要になるので用意しておかなくてはいけません。また、未成年は「保護者の同意」も必要です。

 

学生でも成人かそうでないかで契約の責任が変わってきます。法的に未成年者は責任能力が低いため、契約にあたり保護者の同意が必要とされます。保護者の同意を得ずに未成年者と個人的に交わされた契約は無効となるので、借入れの場合は返済の義務もありません。そのため、まともな業者であれば保護者の同意は必ず求めてきます。

 

親に内緒で契約したいからと親のサインを子供が偽造するケースもあります。この場合は業者を騙したことになるので、契約は無効化されません。
また、未成年者であっても既婚者は成人と同じ責任があると判断されるため、保護者の同意は必要ありません。

 

このように一定の条件を満たして審査に通過できれば学生でもお金を借りることは十分に可能です。ただし、成人であっても親の保護を受けている状態なのでお金に対する価値観が甘いリスクもあります。

 

借金をするとはどういうことなのか、よく理解した上で利用しなくてはいけません。返済トラブルを起こすと今後の借入れに大きな影響を与えることもあるので、正しく借りてきちんと返済をしていきましょう。"

トップへ戻る