外国人はお金を借りられるの?

日本国内の銀行や消費者金融では無担保無保証人で手軽にキャッシングが利用できるカードローンのサービスがあります。カードローンのサービスは日本人の他にも日本の永住許可を取得して日本に居住する外国籍の人が利用することができます。

 

外国人が日本の金融会社のカードローンのサービスを利用する場合には、毎月一定の収入を得ていることに加えて、本人確認書類として在留カードを提出する必要があります。銀行と消費者金融ではいずれも外国籍の人でもカードローンのサービスを実施していますが、審査の難易度が異なります。

 

銀行カードローンの場合には在留資格が永住者または特別永住者の方でも申し込みをすることが可能ですが、他の条件が全て同じでも日本人よりも審査が厳しくなる可能性があります。

 

これに対して消費者金融であれば、永住外国人であれば日本国内に居住する日本人と同じ基準で審査が行われるケースが多いです。そのため、日本に居住する外国籍の人がお金を借りる場合には、急ぎであれば消費者金融に申し込みをした方が良いでしょう。基本的に日本に住む外国籍の方でも永住許可があって毎月安定した収入があれば、日本人と同じようにお金を借りることができます。

 

日本には永住許可を取得せずに国内に居住して仕事をして収入を得ている外国人も大勢います。永住許可を得ていない場合には銀行から無担保無保証人でお金を借りることは困難です。ただし一部の消費者金融であれば、永住許可がなくても毎月一定の収入を得ていればお金が借りられるケースがあります。観光の短期ビザや留学目的で入国している場合には、消費者金融でもお金を借りることができません。

 

外国人が金融会社の審査に通るポイントですが、日本人と同じように毎月給料を受け取っていて職場の在籍確認ができること・日本語の会話や読み書きができること・長期間にわたり日本に居住していることの3点です。収入や在籍確認に関しては、日本人とまったく同じです。

トップへ戻る