職業別のおすすめ銀行カードローンとキャッシング記事一覧

公務員はお金を借りられるの?公務員や会社員の人々も、急にまとまったお金が必要になるシーンはゼロではありません。毎月の給料でやりくりを行い、残ったお金は預金に回して将来に備えるなどは多いものです。しかし、この預金を定期にしている場合、急用で必要になった時には簡単に引き出せない、キャッシングを使いたいシーンも出て来るのではないでしょうか。ちなみに、キャッシングとは何を意味するものなのか、ローンの種類な...

専業主婦はお金を借りられるの?専業主婦の方は子供の教育費や、ママ友との交際費など予期せぬお金が必要になることも良くあります。コツコツへそくりをしてお金を貯めていれば、いざという時も安心ですが、蓄えがまったくないという人はお金を誰かに借りなければいけません。周りにお金を貸してくれる人がいない場合は、金融業者が扱うカードローンに申し込むといいでしょう。担保や保証人を必要としないので、誰にも迷惑をかける...

年金生活でもお金を借りられるの?街の金融で年金を担保にして融資できますという宣伝を見かけることがありますが、これは法律で禁止されていますので注意が必要です。万が一返済ができなくなったときに、年金受給権が他人にわたり、その人の生活に重大な支障があるからと言えます。年金受給者というのは、一部には働きながら受給している人もいますが、ほとんどの人はそれが生活の原資となっているからです。銀行カードローンのキ...

自営業はお金を借りられるの?一般的な会社員ではなく個人事業主である場合、お金を借りるのはどうしたらいいのでしょうか。法人ではなくフリーランスや起業した個人事業主であっても、会社員と同じように急にお金が必要なときはあります。むしろ事業資金としてある程度まとまったお金が必要なことも多いでしょうし、資金繰りなどで急に必要になるといったことは、むしろ多いかもしれません。自営業などはいったん資金繰りが滞って...

フリーターはお金を借りられるの?アルバイトやパートで生計を立てているときに、お金のピンチが訪れたらまず頼るのは家族や友人でしょう。家族や親しい友人に頼めば、お金の融通をしてくれる可能性はあります。しかし家族や友人にお金を貸してと相談をするのは、恥ずかしいと感じる人も多いでしょう。そもそも相談をしたところで、確実にお金を貸してくれるとは限りません。親に相談したら怒られたり、友人に断られて人間関係が壊...

派遣社員はお金を借りられるの?契約社員や派遣でもカードローンやキャッシングでお金を借りることはできるのでしょうか。カードローンを取り扱っている金融機関のウェブサイトを見たりすると、安定した収入のある人という条件が示されていることでしょう。安定しているという言葉から、自分は条件には合わないと諦めてしまっている人も多いかもしれません。契約社員や派遣で働いている人は不安定な立場に置かれていることは間違い...

大学生はお金を借りられるの?銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングでは、融資条件を18歳以上を対象としているため、大学生・短大生・専門学生ならお金を借りることができます。これは「学生ローン」や「学生キャッシング」と呼ばれる商品で、20歳以上を対象としている通常のカードローンやキャッシングと内容は同じですが、申込み商品は異なるので注意しましょう。学生向けの金融商品でも本人がアルバイトなどで収入...

外国人はお金を借りられるの?日本国内の銀行や消費者金融では無担保無保証人で手軽にキャッシングが利用できるカードローンのサービスがあります。カードローンのサービスは日本人の他にも日本の永住許可を取得して日本に居住する外国籍の人が利用することができます。外国人が日本の金融会社のカードローンのサービスを利用する場合には、毎月一定の収入を得ていることに加えて、本人確認書類として在留カードを提出する必要があ...

水商売はお金を借りられるの?夜職や水商売でもカードローンやキャッシングでお金を借りる方法はありますが、このような仕事に就いている人が一番問題となるのは毎月の収入の安定性です。おそらく、夜職や水商売の人は、月給だけを見れば一般の会社員や公務員などよりもはるかに高い稼ぎを得ていることも多いでしょう。ですが、カードローンやキャッシングの審査において重視されるのはある一時点での稼ぎの多さよりもむしろ安定性...

トップへ戻る