最短の申込方法はネット申し込み

カードローンは店頭窓口や自動契約コーナーに行けば申し込むことができるほか、自宅からでも電話やインターネットを利用して手続きをとることが可能です。どの方法をとっても申し込みの流れは一緒で、最短でその日のうちに利用することが可能になるので、自分の現在の状況に最適な方法を選んで手続きをしましょう。

 

カードローンの申し込みの流れについて述べると、まず申し込みに必要な本人確認書類を用意し、多額の極度額を希望している場合は加えて収入証明書類も用意しておきます。店舗か自動契約機で手続きをする場合は、このあと書類を持参して窓口まで行き、スタッフ等の指示にしたがって必要事項の記入・入力および書類の提出を済ませ、インターネットを利用する場合はWebサイト内にある申し込み画面で指定された事項を入力し、必要書類はカメラで撮影したあと画像としてアップロードします。

 

以上が終わったら審査の結果を待ちます。結果は申し込んだタイミングが遅くならなければその日のうちに通知され、通過できた場合はそのまま契約手続きに移行します。これが終わればカードローンの利用が可能な状態になり、お金の借り入れができるようになります。

 

カードローンでは選択する申し込み方法によってはローン専用カードが発行されない場合があるなど、注意点がたくさんあるので、申し込み手続きに入る前には商品説明を必ず読んでおきましょう。

 

契約に必要なもの

給料日前に限ってお金が必要になることも良くありますが、周りにお金を貸してくれる人がいない場合は、消費者金融や銀行などが扱うカードローンを利用するといいでしょう。連帯保証人を用意する必要がなく簡単な手続きでお金を借りられます。

 

最近は消費者金融などの店舗まで行かなくても、スマートフォンやパソコンから簡単に申し込めるので便利です。その際に身分証明書や収入証明書などが必要になるので、あらかじめ必要書類を用意をしておくと審査がスムーズに行えます。

 

身分証明書は金融業者によって違いますので良く確認してから用意するといいでしょう。ほとんどの所では免許証や住基カード、マイナンバーカードや健康保険証、印鑑証明などです。現在住んでいる所と身分証明書の住所が違う場合は、現在住んでいる住所が記載されている書類を提出する必要があります。

 

収入証明書としては、給料明細や源泉徴収票などですが、希望借入額によっては必要ないこともあるので、申込む時によく確認することが大事です。即日融資を受ける場合は、受付時間内に手続きを済ませておく必要があるので、必要書類を用意しておくことが大事です。もしも必要書類が揃っていないと、審査ができなくなり融資も後日に回されてしまいます。

 

キャッシングの審査基準

比較的気軽に利用できるようになったカードローンやキャッシングですが、やはり借りるためには審査を受ける必要があります。基本的には安定した収入があれば、正社員でなくてもパートやアルバイトでもカードローンやキャッシングを利用することはできます。

 

ですが、そういった条件はクリアしていても審査通らない場合もあります。金融機関はその人のこれまでのお金に関係する利用などを個人信用情報などによって調べます。

 

そこで、これまでに延滞や債務整理などをおこなった履歴がありますと、お金を借りる審査には通りにくくなります。特に大手の場合には、きっちりと判断されてしまいますので、審査通らないことがあるのです。それでもなんとかお金を借りたいという場合には、審査が甘い金融機関で申し込むのがよいでしょう。

 

中小の金融会社でしたら、ひとりひとり比較的柔軟に判断してくれますので、現在の仕事の状況などから返済可能と判断されれば、審査に通り、カードローンやキャッシングを利用することができます。中小でもきちんと登録されている堅実な金融機関はたくさんあります。そこできちんと返済実績を積めば借入金額も増額してもらえる可能性も高くなりますので検討してみるとよいでしょう。

 

トップへ戻る