親族にお金を貸してもらう

「どうしよう、お金がない」「給料日までまだある」と思う事ありますよね。生活が出来ない程お金に困っている時は稼ぐ暇もありません。金欠で相談すべきは「身内」です。まず始めに相談するのは兄弟です。親よりも話しやすく、きちんと「なぜお金が無くなったのか」理由を話し相談すると、借りる際も説教ではなく小言で済む可能性があります。しかしどれだけ仲が良くても必ず期限設けて返しましょう。

 

次に祖父か祖母です。小さい頃おじいちゃんおばあちゃんに説教された記憶はありますか?例え、お金を借りたいと申し出ても怒られる可能性は低いと言えます。孫は幾つになっても可愛いもので出来るだけ力になってあげたいと考えるはずです。またラッキーな事に「貰える」可能性もあります。直接顔を見せる事でお金を貰える確率は上がります。

 

兄弟や祖父母がいない時は旦那か親に頼るしか有りません。多少の説教は覚悟しなければなりませんが「借りる理由」に気をつけて言いましょう。少しでも同情を誘う様な理由「事業に少しつまずいた」や「こ祝儀や香典の費用が欲しい」など。大袈裟すぎずバレないような理由を考えましょう。子供に借りるのは以ての外。「できるなら自分一人で解決したい」なら金融機関から借りるのが得策でしょう。後でゴタゴタになる心配もなく、機械的な手続きで借りられます。このように選択肢と方法はいくらでも有りますが、借りたら返すこれは忘れてはいけません。

 

身近な人にお金を貸してもらう

お金がどうしても足りなくなった場合、身近な人から頼んでみるというのが誰もが考えることであり、身近な人の場合は金融機関での煩わしい手続きは必要なく、その多くが口約束で済むので楽だからですが、そのような信頼関係だけで行われるのですから返済はしっかりと行わなければいけません。

 

お金を借りる場合に頼みやすいのはやはり年上であり、親や先輩、年上の知人というのが貸してくれる可能性が高く、同年代の友達や同僚になるとそれが半々になるでしょう。年上の人は年下の人の頼みを断りにくいという性質を持っていますが、同年代であれば別に貸しても貸さなくても気にする必要がないので、後はその人との関係の度合いによることになります。

 

ここでできれば借りない方がいいのは恋人や上司であり、これはきちんと返済したとしても自分が人にお金を借りなければ困窮してしまうというのを知られてしまうため、幻滅されてしまってあなたに対する信頼感が下がってしまうからです。また恋人で女性が男性にするのは経済的な観点から特に問題はありませんが、男性が女性にするというのはいくら女性側が経済的にしっかりしていたとして周囲からいいようには見られません。

 

お金を異性から借りる場合には自分の立場をしっかりと認識し、その行為で自分が他の人からどのように見られるのかを考えてから行うようにして下さい。

トップへ戻る