公的貸付制度について

日々の生活に困っており、お金を借りなければ生活することができない人もいることでしょう。

 

しかし消費者金融から借金すると高い利子も返済しなくてはならず、苦しい生活がさらに苦しくなってしまいます。その悪循環に陥らないために公的機関からお金を借りることができる制度を紹介したいと思います。

 

それは生活福祉資金貸付制度というものです。この制度を利用するためには福祉事務所へと行き相談を受け、その後社会福祉協議会に審査を受けます。1?2週間ほど経ったあと、審査の結果が通達され、要件を満たしていれば市役所や区役所といった行政から金銭の給付を受けることになります。

 

役所の国金から生活状況の立て直しという名目で貸付られるため、生活保護とは異なり借りたお金は返済しなければなりません。しかしながら保証人をつければ利子が0%、つけなくても1.5%と消費者金融に比べ格安の金利で借りることができるためこちらを利用するのがいいでしょう。

 

他には生協からお金を借りる方法も存在します。生協には「くらしと家計の相談室」という無料相談所を設けており、家計再生の提案や、公的制度の紹介などを支援してくれます。生協メンバーであれば融資を受けることが可能であり、消費者金融を利用する前にこちらも打診することをオススメします。

トップへ戻る