お金を借りる。最短の方法を紹介します

今すぐお金を借りたいときの対策として、事前に情報を集めておくことが重要です。実際に緊急で対応するときになると時間の余裕がないため比較検討ができません。あらかじめ調べておけばスムーズに手続きを行えます。

 

借り先で利用できるのは消費者金融だけになります。銀行は即日融資には対応できないので、今日中にお金が必要なときには利用できません。金利を優先したいのであれば、緊急になる前に契約しておいても良いでしょう。契約済みであればいつでも借りられます。

 

消費者金融の選び方では、ネット専業銀行の口座がある場合は24時間振り込み対応しているものがあるため、それを指定できるところがあると便利です。対応しているATMが近くにある場合には、スマートフォンのアプリでカードレスで借りられるものも受け取りに行く手間が省けます。

 

最短で契約するにはネットで申し込みを行い、必要な書類は携帯で撮影した画像データを送信します。審査の時間を短くするため限度額は必要最低限に、順番待ちを避けるためにコールセンターに相談もしておきましょう。

 

平日の14時までに契約できれば、そのまま銀行振り込みができます。それ以降は前述したカードが不要な方法であればいつでも借りられ、それができない場合も店舗か自動契約機で発行すれば当日中に借り入れができます。

 

これならバレない。お金を借りる方法を紹介します

借金をしたい時に、できるだけ親にばれない方が良いとか、旦那に内緒で借りたいと言う人はいます。その方法として、まずは担保や保証人の必要ないカードローンを利用する事が基本です。さらにその際、金融機関にいくつかのお願いをするだけでバレない、周りに内緒にして借金できる可能性がぐっと上がります。

 

先ず融資の申し込みをする際は、周りにバレる事はまずありません。バレてしまう原因の一つが在籍確認です。この場合、担当者は個人名で電話をして金融機関名を出しませんが、勘の良い人が電話に出ると、怪しまれてしまう可能性があるからです。

 

しかし在籍確認を電話ではなく書類提出で対応してくれる金融機関を利用すれば、電話でばれてしまう事はなくなります。もう一つバレずにお金を借りる為には、明細を自宅に届けてもらうのではなくWEBで確認できるように手続きをしておくようにします。利用者に対しては毎月利用明細が金融機関から届きますが、それを自分ではなく家族が受け取ってしまうとそこから借金をしていることがバレてしまう可能性があるからです。

 

しかし自宅に金融機関から一切郵便物が届かないように設定しておけば、自分が不在の時に郵便物が届いてそこからばれてしまう危険性もなくなります。

 

お金を借りるなら低金利の銀行系

お金を借りる時、借りたお金を自由に使いたい場合にはカードローンが便利です。カードローンは、安定継続収入があり、年齢が満20歳以上、上限は金融機関や金融業者により異なりますが、保証人や担保不要で融資を受けることが出来ます。また、カードローンは返済を行って利用限度額を最初の金額に戻せば、そこから融資を受けることも出来る魅力を持っています。

 

カードローンには銀行系や銀行カードローンなどの種類があるのですが、銀行系は主に大手の消費者金融のカードローンになります。銀行の傘下にある消費者金融のカードローンが銀行系であり、銀行カードローンとは全く異なるものです。銀行のカードローンと言うと、大手の金融機関やゆうちょ銀行などがありますし、銀行系カードローンの場合は、有名な大手の消費者金融などになります。ちなみに、農協や郵便局は銀行とは異なる業界ですが、銀行同様に年収に対する割合の上限が決まっていないため、返済能力に応じてキャッシングの利用が出来ます。

 

銀行系でお金を借りる時、消費者金融には総量規制がある関係上、年収の3分の1未満での申し込みが必要になります。それと、申し込み希望額が50万円を超える時などは年収を証明するための書類提出が必要になることを覚えておきましょう。

 

今すぐお金を借りるなら消費者金融

消費者金融を利用してキャッシングする時、会社の規模には大手、中堅、そして中小の3種類があることを把握しておきましょう。中小の消費者金融は金利が高め、大手や中堅の会社は金利が低めなどの特徴があります。

 

金利が低いか高いかは、返済時の利息にも関わる部分ですから、なるべく金利が低い消費者金融のカードローンを選んでおくのがお勧めです。小規模の消費者金融の場合、知名度が高くないなどからも、金利は高めに設定されています。これに対して中堅や大手の会社などの場合は知名度が高くなっており、特に大手の消費者金融は全国に店舗展開を行っていたり、テレビコマーシャルなどでもお馴染みなどからも利用者数が多い、その分、金利を下げてのサービスが出来るなどの違いがあるわけです。

 

また、中小の消費者金融は店頭での申し込みが基本になっているケースが多くあるので、お店の営業時間内に出掛けなければなりません。その反面、大手や中堅の会社はネットで申し込みが出来る上、来店不要で契約まで完結、キャッシングも即日などの利点もあるわけです。

 

しかしながら、ネットでの申し込みの場合にはパソコンやネット環境が必要、スマートフォンなどの携帯端末が必要になるため、ニーズに合う会社を選んでキャッシングの利用がお勧めです。

 

お金借りるについて|よくある質問

申し込み可能年齢って何歳から?

何歳になればカードローンやキャッシングに申し込めるかというと、一般的なものであれば20歳以上になっています。法律上は未成年と契約すると破棄される恐れがあるため、20歳未満は利用を認めていません。
学生の場合は18歳以上で高校卒業以上であれば契約できるキャッシングもあります。これも契約を破棄できないように保護者の同意を求めるものが多いです。
下限だけでなく上限の年齢もあることに注意しましょう。高齢者は定年で年金収入になっている場合が多いですが、健康を崩しやすく、急な出費で返済が滞るリスクがあります。65〜69歳を上限にしているものが多く、70歳以上でカードローンなどを契約できるところはほとんどありません。

電話連絡なしで借りる方法を教えてほしい

金融機関からお金を借りる場合には通常在籍確認が必要となります。
在籍確認の方法としては、会社に電話をして文字通り在籍をしているのか確認をするわけですが、人によっては勤務先に連絡をされては困るという人もいます。
そのような人は電話なしで借りることができないかと思うかもしれませんが、業者によっては会社に電話をなしで融資してもらうことができないこともありません。
少額の融資しか受けられないなどいくつかの制約はありますが、それを満たせば電話なしで融資が受けられます。
在籍確認を電話ではなく、勤務先の名前が入った給与明細などで代わりに行ってくれる業者があるので、そのような場所を利用すれば勤務先に連絡なくお金を貸してもらうことができます。

無利息でお金を借りたい

無利息キャッシングを利用すれば利息なしでお金を借りることができます。無利息キャッシングには、「新規申込者は一定期間利息なし」「一定の条件を満たせば継続的に利息なし」があります。

 

一般的にはキャンペーンの一環として、新規申込者に対して30日間無利息というケースが多くなっています。
契約してから30日以内に借りて返済した借金に対しては利息は付けないとしています。30日以内に一部でも返済しておけば、30日経過後に残債務があっても利息の負担を減らすことができるでしょう。

 

あまり多くはないですが、一定条件を満たして無利息というサービスもあります。
例えば、完済した翌月の10日間だけ利息は付けないとしています。条件は厳しいかもしれませんが、うまく利用すれば継続的に利息なしで借入れができます。

総量規制について知りたい

総量規制は消費者金融や信販会社の用途が自由なキャッシングに適用されている制度です。キャッシングは便利ですが、無計画な利用で返済不能に陥るケースが相次いだため、これを保護するために年収の3分の1までしか借りられないように制限されました。保護が目的であるため、これによる問題が出てしまう医療や介護などの特定の目的に利用される借り入れや、おまとめローンのような有利になる借り換えは総量規制対象外になります。また、年収が関連する制度であるため、限度額が50万円以上、または他社との合計で100万円以上になるときには収入の確認を義務付けており、この基準を超えると収入証明書の提出が必須になります。
なお、銀行は総量規制対象外ですが、そもそも総量規制は貸金業法で決められているため、銀行法で運営している銀行には無関係の制度です。

無職・無収入でお金を借りたい力

無収入の無職がお金を借りるには、どうしたら良いか?
1生命保険の契約者貸付を利用する
積み立てするタイプの生命保険の多くには契約者貸付といい、積み立てたお金の一部を貸してくれる事があります。
積み立てするタイプの生命保険には解約払戻金というものがあります。解約払戻金の範囲内であれば一時的にではありますがお金を借り入れることができます。
2不動産などを担保に金融会社から借りる
担保があれば、金融会社にお金を借り入れることは不可能ではありません。たとえば不動産、株券、ゴルフ会員権などです。
なにを担保にできるかは、金融会社によって異なります。普段利用している金融会社に相談してみる事で分かります。
主にこの二つの手段で借り入れすることができます。

ブラックかも?それでもお金を借りたい

まとまったお金を用意しなければいけない時は、消費者金融などのカードローンを利用すると便利ですが、大手の消費者金融に申し込むと、過去に返済延滞をおこしていたり、多重債務者でブラックリストに乗っていると、審査に通らなくなります。
それでもお金が必要な場合は、ブラックOKやブラックでもお金を貸してくれる中小の消費者金融に申込むといいでしょう。大手の消費者金融に比べると、審査が厳しくなくブラックでも比較的借りやすいのが特徴です。ただし中には闇金のような法外な利息でお金を貸している所もあるので注意が必要です。法外な所で一度お金を借りてしまうと、利息を返済するだけで精一杯で、なかなか元金を返済することができなくなります。

自己破産したけどお金を借りたい

自己破産をされた方がお金を借りるには、借り先を選ぶ事が大切です。大手の消費者金融ですと、信用情報機関に問い合わせをして、キャッシング関連の情報を調べようとするからです。そして自己破産をしている人には、厳しい審査をして落としてしまうのです。中小企業の消費者金融の方が、審査がはるかに優しいのです。
次に、お金を借りるのに大切な事は、収入がある事です。そして立派に生活再建をしている途中であるかどうかです。
申込の限度額にも注意が必要です。30万円以下が審査が通りやすいです。借りたお金の使いみちは冠婚葬祭費用などの臨時的な出費が好印象です。さらに、自己破産していることを申込の段階で伝えて、合わせて収入がある事をアピールすると好印象です。たくさんの会社に借入の申し込みをしてしまうと、審査に通りにくくなります。

母子家庭だけど借りれる?

母子家庭や父子家庭の親を対象にした母子父子寡婦福祉貸付金という制度があります。この貸付金はひとり親家庭の父母などが就労や児童の就学などで資金が必要な時に、自治体から貸し付けを受けられるもので、目的はひとり親家庭の父母の経済的自立を支援し生活意欲をすすめることにあります。そのことによって一人親の家庭にあっても扶養する児童の福祉を確保するにつながります。負担軽減のため貸付利子は無利子で、償還期限は資金の種類によりますが3年から20年です。また、高等職業訓練促進給付金という一人親家庭の父母が資格を取得するために養成期間で1年以上修業し看護師や介護福祉士等の資格をとるための給付金がありますが、これらは同時に受給することができます。いずれの制度は窓口は市町村等であるので、市町村福祉事務所に相談するのが良いです。

ヤミ金からお金を借りる方法

サラ金は現在では消費者金融と呼ばれる事も多く、手軽に利用出来る等事で利用者も多くいます。貸金業法に管理されている金融機関で、総量規制の対象となっているので無職で収入のない人の利用は出来ません。また融資可能な人も、年収の3分の1までしか借りられない事になっています。サラ金以外の金融機関の一つがヤミ金です。ヤミ金はブラックリストに情報が登録されている等闇金以外の金融機関では融資を受ける事が出来ない人に融資をしている金融機関です。しかしサラ金とは違い貸金業を営む届出を国や都道府県に行っていないだけでなく、法的に正しい融資を行っているわけではなく適用金利はかなり高利で、トイチと言う所も決して珍しくありません。

土日や深夜にお金を借りる方法

土日や夜にお金を借りる方法は限られています。atmであれば土曜日や日曜日、深夜でも関係なく利用できますが、カードを発行している必要があります。銀行振り込みの場合は平日の15時までしか営業しておらず、振り込みの手続きはそれよりも早く済ませないと間に合いません。そのため、平日でも夜中では利用できませんが、ネット銀行であれば24時間即時振り込みに対応しているものがあるので便利です。しかし、これは利用しているカードローンやキャッシングの振り込み先で選択できるようになっていないと使えず、当然ながら口座も開設しておく必要があります。
このように土日や夜にお金を借りる方法はありますが、契約しているカードローンなどのシステムで利用できないことがあるため契約時に確認しておきましょう。

 

トップへ戻る